南米旅(ペルー・ボリビア・チリ)

ペルー・ボリビア・チリ旅行 4/25-5/12 ⑬11日目:ウユニツアー3日目

こんにちは、ごまです。

(前回までの記事:ペルー・ボリビア・チリ旅行 4/25-5/12 ⑫10日目:ウユニツアー2日目)

左肩が痛くて、うなされながら寝るも、

夜中に峠を超えたらしく、そこから一気に調子が回復笑

翌朝目覚めると何故かすっきりしていて、

むしろ私を心配した夫が睡眠不足で疲れているという逆転w

 

この日も早くて、チリ行きの人が乗るバスに間に合わせるために、4時半起     

もはや夜中の出発笑

 

そして、間欠泉をいくつか見た後、

温泉へ!!!!朝7時位でした。

15ボリビアーノを受付で払う必要があったようなのですが、

見つけられず、そのまま入ってしまいました。ゴメンナサイ

前日の夜本当に寒かったのですごく温まりました。肩にも効いた。

ちなみにこの当たりも余裕で4,000m超えていたようなのですが、

既に高所順応してきて、走ったりしない限り平気だったので、

ウユニツアーではほぼ気になりませんでした。

少し山の景色を見たあと、

 

温泉の後、いよいよチリとの国境へ。

ボリビア出国のイミグレです!寄らないと罰金らしいです。

ちなみに出国税で20?くらいボリビアーノをとられましたw

溝が国境でした!  

ウユニへ戻るトムミゲルとはここでお別れです。さみしいな~。

連絡先聞かなかったんですが、コロンビア行ってみたいし本当に聞いておけばよかったと後悔w

そして、チリ側へ向かいます。

しばらくするとチリのイミグレに来たのですが、荷物を1つ1つ検査するほどの徹底ぶり。

申告書は正直に書いて、食料品などあれば必ず申告してくださいね!

(※1年後、両親が南米にツアーで行った時、飛行機経由だったボリビア→チリ入国は厳しくなかったようなので、陸路がより厳しい模様です。)

貝がついた、ボリビアのネックレスとかキーホルダーとか、没収されてる方がたくさんいました。

ボリビアで購入したキヌア、本当はだめだったんですが、なんとか説得して

「We will not open this in Chile, it is just transfer to Peru!!」

でなんとか没収を免れました。量も1パックだったので・・・。

日本人だったから良かったのもあるのかもしれません。先人に感謝。

 

入国後、SIMをペルーで買ったClaroのものに差し替えましたが、

すぐに使えるようになりました!イエイ!

ウユニに戻るのには1日かかるのですが、グーグルを見るとチリのアタカマへは1-2時間とかでついてしまうらしい。

そしてどんどん高度が下がっていき、しばらくするとサン・ペドロ・デ・アタカマに。

この当たりで下車。砂漠との相乗効果もあって、ものすごく暑かったです。半袖なくてしんどかったw

高度も2,300mとかなり楽です。

国に入る時にも感じたのですが、経済レベルがぐっと上がった感じがしました。

街の綺麗さとか、車の道の譲り方とか、色んな面で感じました。

ボリビアやペルーはアメリカ的らしいですが、チリはヨーロッパ的なんだよ、と何かでみたのですが、街にいるとひしひしと感じました。

観光の街なこともあって、サン・ペドロ・デ・アタカマの物価がこの度で1番高かった気がします。

宿はこちらの宿[「Hostal Open House」に泊まりました。
1泊5000円しなかったくらい(1人2500円くらい、この度最高!w)

ホステル前の景色。街の中心からは少し外れてますが、

コンパクトかつ治安も良さそうなので気にならない程度。

高所でなくなったので、夫はようやくビールを飲めましたw

ごはんもしっかり食べられるようになりました。

チーズのキヌアの衣揚げおいしすぎた\(^o^)/

 

アタカマでとっておいた1日は、

マチュピチュやウユニメインの中、半分調整的な1日でもあったので、

宿以外は何も決めておらず、とりあえず翌日何をするか決めるためフラフラしてました。

通貨も町で両替しました。3つ目の通貨、混乱します笑

(すみません、あんまり街を撮ってないことに後で気づく^^;)

 

バスツアーなども考えましたが、

この日は、街を回って休みをとって、翌日は月の谷サイクリングをすることに!

お店によって、開店時間が違ったので(8:30-10:00くらい)、

確認したところ一番早かった8:30の空くお店を確認。

 

宿に戻り、翌々日のアタカマ→カラマ空港の乗り合いバス(3,000チリペソ)の予約だけ助けてもらって、

夜はスーパーで買った現地のレトルト食品をキッチンで調理して食べました。

 

次の記事:

ABOUT ME
ごま
※現在再構築中で荒れ狂ってますm(_ _)m 早めに編集します。 2018年4月輸入ビジネス開始~ 2020年後半英国駐在帯同    →コロナにより無期限延期