駐在帯同準備(駐妻)

予防接種について

こんにちは、ごまです。

流れ(内示から渡航までの大まかな流れ)でもお話した予防接種について。

 

基本的に1年以上現地に滞在する場合と、

短い期間の滞在でも発展途上国は、

政府が推奨している予防接種を、

接種してからいくべきなんですよね。

 

アフリカや南米アマゾンの方面に行く場合など、

証明がないと入国できない、できなかった

場合もあるので、事前のリサーチは重要です。

参考ページ:海外渡航のためのワクチン

ごま
ごま
※南米旅行の際に、黄熱についてかなり調べたのですが、
昔は、ボリビアは黄熱の予防接種のイエローカード?
がないと入国できなかったとか。

 

私たちの場合は、

夫会社で推奨されている病院

(名古屋 栄生駅直通の名鉄病院)に予約の上行き、

滞在予定国(イギリス)を伝え、母子手帳をお見せし、

接種と罹患歴を確認の上で、

  • 海外製のB型肝炎ワクチン
  • 三種混合ワクチン(免疫強化)
  • 抗体検査

をして、次回を1ヶ月後に予約しました。

B型肝炎は、

少なくとも3回打つ必要があるので、

あと2回は病院に行かねばなりません。

 

接種・罹患歴ですが、母子手帳の写真とかではなくて、

母子手帳自体を持参されたほうが楽かもしれません。

夫は母子手帳、私は写メを持っていったら、

(というか、私は現物間に合わず母に写メ送ってもらった)

夫は、病院の方に書いてもらえたのに、

私は、自分で分けわからないのに

手書きするはめになりましたww

 

またワクチン接種後は、

体に負担がかかるので、

例えば楽しみにしている予定の1−2日前や、

運動の予定の1−2日前や、

重要な仕事の1−2日前には、

予約をいれられないことをオススメします(汗)

 

私は翌日、夫は翌々日、

体が抗体と戦っているのがわかる感じで、

異常はないけど、とりあえずしんどい、

といった状態で、残念な1日を過ごしました(笑)

 

昔、インフルエンザの予防接種の翌日に、

10KMマラソンに出て、体調悪すぎて

棄権したことを思い出します。

後にも先にも、危険はあの1回だけ・・・。

 

日付のかかることなので、

早め早めに進めて行くと良いです(^^)

注射嫌いの夫には大変だ^^;

 

ABOUT ME
ごま
※現在再構築中で荒れ狂ってますm(_ _)m 早めに編集します。 2018年4月輸入ビジネス開始~ 2020年後半英国駐在帯同    →コロナにより無期限延期