ペルー・ボリビア・チリ旅行 4/25-5/12 ③1日目:クスコ 高山病との戦いw

こんにちは、ごまです。

 

飛行機で諸々あるも、なんとか現地クスコへ到着。

予定の2時間程度の遅れで済んだのはなかなか優秀だったかなと思いました。

 

クスコの空港前でタクシー拾ったところです。

晴れていて、見た目もそんなに空気の薄さは感じなかったんですよね。(この時点ではw

飛行機降りる → 入管・検疫通過 → 空港出る手前のATMでキャッシングしてお金下ろす

現地に行くと客引きがすごくて、あまり旅行でタクシーに乗らないので

ホテルまでどうやっていけばいいか。。。と^^;

しかし、他に良さそうな手段もないので、客引きに声をかけてタクシーに乗ることに。

一応、首からOFFICIAL TAXIの証明をぶら下げてました。

空港の敷地内ならそこまで不安になることもなかったのか?

  

そして、宿泊先 POSADA INKA MANCO CAPACへ。

ゲストハウスだったんですけど、降ろされたのは似たような名前のホテルだったので、

ちょっと歩きました^^; 

1泊ダブルベッド1つとシングルベッド1つ、シャワートイレ付で90ソル程(3000円弱)。

ちなみに、高級ホテルよりゲストハウスのほうが好きなタイプで今回の旅行も1人1泊2000かけてない気がします笑

本当は、ドミトリーで他愛ない会話するのが好きなんですが、新婚旅行なのでやめました笑

  

入るときも外出するときも、ゲストハウスの入り口は厳重にロックされていて、

ベルを鳴らす必要がありました。

クスコはペルーやプーノ、ボリビアのラパスよりマシと聞いていましたが、

それでも断然日本より治安が悪そうなのは伝わってきます。

 

そして、チェックインし、荷物を置き、徒歩で街へ。

歩いてると若干息が上がるのがわかりました。

 

まずは、SIM購入。お店は、ゲストハウスの方に外出の時ついでにClaroの大きめのお店を教えてもらいました。

5ソル(150円程)でSIMを買って、アクティベイトしてもらった後、30ソル(1000円弱)で3ギガ15日間のものをチャージしました。

多分強盗が多いからなのか、支払いの窓口は完全に別で、支払うたびに別の窓口へ。

アクティベイトはスペイン語にしておくと助けてもらえます。

(スペイン語では直し方わからなくて、日本語に戻すのも手伝ってもらいましたwwwあほw)

   

そして、その後クスコのメインの広場へ。

街並みもきれい、教会も映えます(*^^*)

アルパカの肉を食べれるとのことで、食べてみました。

癖もなくて美味しかった。ワラビーも食べたことあるんですが、ニオイ消ししてるワラビー食べてる感覚(伝わらないww

  南米おなじみっぽいスープ。

 

見どころ?らしき、12角形の岩。

スタスタと歩いていると、頭が痛くなってきます。

高山病・・・!!!

ゆっくり歩くように気をつけるんですが、歩いていると頭が痛くなってくる。

一通り散策を終えて、ゲストハウスに戻る頃には、

ふたりとも相当な高山病になっていました。

   

ゆっくり歩くことだけ意識し、ユンケルとおかゆの持参くらいしかしていなかったのですが、

水を目安1日2リットル以上飲む

○コカのキャンディやお茶を飲む

○お腹いっぱいご飯を食べない(高山で消化能力が低くなっている)

べきということを高山病になった後に調べてわかる・・・。(あほ

ちなみに頂いたアルパカちゃんをリバースしてしまいました。ごめんなさい、アルパカさん・・・。

   

水道水は飲めないので、少し休憩してなんとか回復させてスーパーへ。

コカ茶、大量の水、コカキャンディなどを購入。

水をガバ飲みしつつ、翌日のマチュピチュ行き(4時半おきw)の荷物の用意をし、

早めに寝る・・・も寝れない。

睡眠は呼吸が浅くなるので、どうしても目が覚める+高山病がひどくなるらしいです。

新婚旅行なのに、屍みたいな初日のスタート・・・(;´∀`)

   

ごま

コメント

タイトルとURLをコピーしました