輸入ビジネス

ヤマト便のススメ

こんばんは、ごまです。

 

イギリス駐在の話がもしかしたら動くかも知れません。

できれば夫が年内にいけるようにしたいとの話ですが、

その後、また渡航禁止とかにもなりかねないので

同時に行けるように会社に働きかけていきたいと思ってます。

異例中の異例なので、自分たちのいい方向に動くようになんとかしたい!

 

さて、未だに納品はほぼ自分(+と母)のちからでやっているので、

もちろんFBA倉庫への発送も自分で依頼しているのですが、

たいてい、ヤマト便を使っています。

転売ヤーさんは基本的に使われていることが多い素晴らしいサービスです^^

 

ヤマト便とは、1箇所に送る荷物の

それぞれの荷物の縦x横x高さ(m)x280 (容積重量)

もしくは

その箱自体の重量

の重い方の重さをそれぞれの箱ごとに出して

足したもの総重量ごとに発送できるサービスです。

 

ヤマト便は、本部からの正式なアナウンスとしては、

160cmより上の大きさか25KG以上の重さがあるものしか使えないというものですが、

それぞれの店舗で独自にOKにしていたりします。

※なので担当者や店舗によっては送れないみたいです。

 

また、本部的にNGの方法なので、フリーダイヤルから依頼しても

ちょっと集荷が面倒だったりします。

最寄入りのセンターのドライバーさんへ直接お電話するのをおすすめします。

 

 

実際の料金の計算方法は、例えば、

50x50x60の25KGの荷物が4箱あったとしたら

0.5x0.5x0.6x280で42キロが容積重量となります。

42x4箱となるので、168キロで

例えば愛知→小田原倉庫だと4,302円で発送できます。

ヤマト便を使用しないと同条件で5,892円となるのでかなりありがたいサービスですね^^

 

また、例えば30x30x50の荷物だと、

容積重量は12.6KGとなり、それ以上の重さの荷物だった場合は、

重さのほうが採用されます。

重量がある場合は、できる限り分散させるほうが採用重量が少なくなります。

 

このサービスを利用するに当たりなんですが、

サービスとしては受けてもらえるものとして存在していますが、

1つ1つ測って計算しないといけない上に送料自体は安い上に

ドライバーさんのインセンティブは高くないらしいです。

 

もちろんお客さんではありますが、そこまでありがたい客ではないのは事実なので、

 

とりあえず他の客より歓迎されていないことを認識する

→どう考えても宅急便のほうが喜ばれます笑

 

ドライバーさんに集荷に来ていただくときは、できる限り測っておく

→滞在時間も減るのでこちらの対応も楽になるのでおすすめです。ドライバーさんは、だいたい数字を信じてありがたがってくれます。小さくするとか不正はやめましょう⚠

 

持ち込みは、混雑すると困る時間を避けてもっていく

→できれば測っていくのもいいかも知れませんが、ドライバーさんより測った数字を採用してくれる確率が下がるので、センターにいらっしゃる方との関係性をみつつ、試されることをおすすめします。

 

こんなふうに意識はしています。

協力業者さんとは良好な関係を築いていきたいですね。

 

ごま

 

ABOUT ME
ごま
※現在再構築中で荒れ狂ってますm(_ _)m 早めに編集します。 2018年4月輸入ビジネス開始~ 2020年後半英国駐在帯同    →コロナにより無期限延期