ペルー・ボリビア・チリ旅行 4/25-5/12 ④2日目マチュピチュ村へ

こんにちは、ごまです。

 

高山病で屍になりつつも、なんとか4時半に置き、電車へ向かいます。

マチュピチュ村へ行く電車には大きい荷物を持っていけないので、

大きい荷物は宿泊したクスコのゲストハウスに預かってもらいました。

 

予約した電車(というか最初はバス)は6時半のビスタドームでした。

6時頃を目指して出発。

早朝なので歩いて行くか迷ったのですが、

・ゲストハウスから徒歩数分だった

・早朝歩くのが危険ではないことをゲストハウスの方に確認した

・その上で前日に一応迷わないように下見しておいた

ことにより、自分たちで歩いて行きました。

ちなみに日中でも野良犬がうようよいますが、早朝は更にすごかったです。

(ただ、構わなければ危険ではないかなと思います。すごく人馴れしています。)

 

余裕を持って行き過ぎて、一本前の時間に着くw

早すぎたので待合室で待機。トイレなど済ませます。

 

クスコにも線路は走っているのですが、点検中なのか?

クスコ~オリャンタイタンボまではバスで向かいました。

途中に見える風景もなかなか異文化。

 

高山病は寝るとひどくなるのでできるだけ寝ないように、

水をガバ飲みしながら、コカキャンディをなめながら向かいました。

  

2時間くらいするとオリャンタイタンボ駅へ。

オリャンタイタンボ駅はすごく可愛いところでした。

有名な遺跡があるみたいで、この町に観光に来る人も多いみたい。

しかしよる時間もなく、駅へ向かいます。

 

GWなので日本人もぼちぼちいました。

この電車に乗りました。

運行のタイミングと、せっかく2回乗るならということで

行きは真ん中、帰りは一番下のクラスにしてみました。

テーブルちょっとセッティングされておしゃ!

真ん中のクラスは軽食が出てきました。

ちなみに軽食の存在忘れていて、この前にお粥食べましたがお粥がもんのすごく食べやすくて美味しかったww

※肉が入っているお粥はアメリカに持ち込むの危険なので事前に確認されるべしです!!※ 

  

スイートパッションフルーツ。

台湾とかのパッションフルーツよりも甘くて美味しかったです。

カエルの卵みたいだけどww

   

そして揺られること2時間!道中異文化ぽい景色がひろがります!素敵。

 

マチュピチュ駅へ到着!

あいにく、若干の雨。

駅の目の前にはマーケットが広がっているので、道はどこだ?となります。

  

宿へ向かいます。またもゲストハウスです。

街並みが日本の温泉地みたいで親近感がわきますw

2500M程度(富士山5合目)なので、高山病の症状はすっかりなくなりました。

水を大量に飲んでいる効果もあるかと思います。

 

泊まったのはこちらの宿。「 Pirwa Hostel Machu Picchu

マチュピチュの大通り?を上の方に登っていく感じです。

1泊2人部屋 シャワー付きで3000円程度でした。

ちなみにこちらの宿、スタッフもフレンドリーだし悪くなかったんですが、

(まあ時間前に部屋には入れてくれなかったけど笑)

マチュピチュに登るとき、預けておいた大きい荷物を保管してくれてたところが

雨+雨漏りで多少濡れてしまい。。。

そこまで問題ない範囲でセーフだったのですが、荷物を預ける際で雨の確率がある場合はカバーもしくはビニール袋に入れておくと良いかもです。

 

そしてチェックインし、温泉に入りに、更に上の方に登っていきます。

 

水着があれば入れますが、忘れても現地で売ってますよ!

深くて立っていないと入れない、シュールな温泉でした。

 

その後、マーケットで少し買い物し、

翌日のマチュピチュ行のバスの料金を支払に、窓口へ。

(以前はネットで支払えたらしいんですが、できなかったので。)

 

夜ご飯はググって調べたメルカドの2階で晩ごはん!

町にある旅行客向けのレストランより断然安くて、

ローカルフード感があってすごく美味しかった。

身振り手振りで頼みました。

量が多い・・・!

久々に胃が働いているのがわかりましたが、

弱っているので1人分はんぶんこでたりる笑

 

翌日はいよいよマチュピチュ\(^o^)/

またもー時のバスで4時半時おきなので早く寝ました。

毎日早い・・・

 

ごま

コメント

タイトルとURLをコピーしました