ペルー・ボリビア・チリ旅行 4/25-5/12 ①往路便

こんにちは、ごまです。

 

新婚旅行というか、新婚旅(たびw)で

GWを利用し、4/25~5/12の18日間で、ペルー・ボリビア・チリへ行ってきました。

せっかく頑張って調べていってきたので、検索して行き方を調べている過去の自分のみたいな方の参考にもなればいいなーと思って記録していこうと思います。

ちょっとまとめ方汚いんで、一通りまとめた後にまとめ方勉強してリライトします^^;

 

<ざっくりとした旅程>

日本 →クスコ→マチュピチュ→(クスコ)→プーノ

    →チチカカ湖ツアー→ラパス→ウユニ→アタカマ砂漠→リマ→日本

 

 

4/25~4/26 往路便

中部セントレア発 → 韓国仁川トランジット → ロサンゼルストランジット → リマトランジット → クスコ着

当初の予定では、現地26日10時頃クスコ着の予定でした。

が!!!

〇アメリカはトランジットでも数年前から全員入国させられる

〇パスポート更新後、1番最初に入国するひとがグループで1人でもいる場合、入国審査に時間がかかり、相当待たされる

中韓系航空会社は、現地民より入国する人が多く、通常よりかなり時間がかかる

という感じで、結局入国に3時間くらいかかり、

余裕を見ていたはずのトランジット時間3時間まるまるつぶれ、乗り過ごす羽目に・・・。

 

ちなみに、アシアナでいったんですが、アシアナのスタッフに主張しても一切助けてくれず。

ANAとかJALの日本人の人もいて、乗り継ぎの声をかけているので、

例え、航空会社が違っても、トランジット時間が怪しい方は

日本のスタッフに強く強く主張することをおすすめします!!!

韓国のおばさまは全くアテになりませんでした・・・・

あと、価格と時間の面で許容できるならメキシコ経由の方が絶対いいと思います。

国に強制的に入国させられないからね…。

 

そして、さらに不運なことに、

〇乗継便LATAMの振替便を主張するも当日の2便目も翌日26日の2便ともフル(1日2便)

〇マチュピチュの電車の予約は26日、マチュピチュの予約は27日早朝・・・

ということで、急遽+20万投入してAvianca航空の片道航空券を購入。

ロス→ボゴダ(コロンビア首都)→クスコ

という経路をとることに。

クスコ着は、予定の2時間遅れなので良しとしました。

これで、マチュピチュまでとりあえずOK!!!!

ここから、長い長いASIANA航空+LATAM航空との戦いになります・・・!!

 

ごま

コメント

タイトルとURLをコピーしました